開発日報

IT・WEB系備忘。日報は嘘です。

【連載】AWSCDK for TypeScriptによるAWS環境構築入門 第一回 ~ AWSCDKの基礎概念と環境構築 ~

はじめに

この連載ではAWSCDKを用いたaws環境構築の基本を学びます。

前提知識としてtypescriptの基本的な読み書きと、awsの基礎を理解していることを前提としております。typescriptとawsそのものの解説は割愛させていただきます。

今回はローカルでの開発環境を構築します。

連載記事一覧

連載記事一覧

前提環境

以下のバージョンのnodejsとtypescriptがインストールされていることが前提です。

・Node.js >= 8.11.x
・TypeScript => 2.7
・AWSのCredentailの設定(AWS-CLIの初期設定ができていたらOK)
  →CredentailはとりあえずAdministratorAccessにしとくことをお勧めします。くれぐれも取り扱いには注意。

AWSCDKとは

公式によると

AWS クラウド開発キット (AWS CDK) は、使い慣れたプログラミング言語を使用してクラウドアプリケーションリソースをモデル化およびプロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。

つまるところ、、プログラミング言語AWS環境の定義・構築ができるフレームワーク

AWSCDKの環境構築

以下のコマンドで。

$ npm install -g aws-cdk

インストールされているか以下で確認.

$ cdk --version

基礎知識

CDKの単位は App / Stack / Construct に分かれています。

・App
  実行可能なプログラム
  CloudFormation(以下CFn)テンプレートに生成とデプロイに利用
・Stack
  デプロイ可能な単位
  リージョンとアカウントを保持
・Construct
  AWSリソースを表現
  階層的なツリー構造を構成可能

初期設定

以下のコマンドでcdk環境の初期化をしましょう。
「cdk init」でcdkでコードを書く雛形が完成します。

$ mkdir cdk-test
$ cd cdk-test
$ cdk init app --language=typescript

基本コマンド

以下がcdkの基本操作コマンドです。今回は特に使用しません。
次回以降実際にcdkを使用してawsに環境を構築していきますが、構築後は「cdk destroy」することをお忘れなく。

// デプロイ
$ cdk deploy

// スタックを指定してデプロイ
$ cdk deploy ${StackName} 

// CloudFormationのテンプレートファイル生成
$ cdk synth

// 差分を確認
$ cdk diff

// 破壊
$ cdk destroy